リボ払い 債務整理 アコムの学生ローン

高価なものが欲しい、しかし現金で購入するほどの余裕はない。
そんな時にクレジットカードは大変便利で、何回で支払うかを設定し、元利の合計額を設定回数で分割された額を支払っていました。
これは今も昔も変わっていません。
ところが、近年はリボ払いの普及でこのシステムで毎月の支払いをする人が大変増えています。
特にカードビギナーが、知識もそこそこにリボ払いを指定する傾向があり、毎月、一定金額を支払う事で「気軽さ」を感じて買い物をしている様です。
カードによっては残高が一定を超えると、支払額もスライドして引き上がるものもあり、気軽という錯覚から複数枚のクレジットで同時に商品を購入する事で多重債務に陥り、債務整理を余儀なくされています。
リボ払いは指定した一定額の中に元金と利息が含まれる事から、元金が減りにくいというデメリットがあります。
払っても、払っても減らないなと思ったところに、再び追加で商品を購入する事から、このスパイラルから抜け出せずに、とうとう債務整理へと進行していきます。
気軽さから感覚マヒに陥りやすいので計画購入はリボ払いの絶対条件となります。

コメントは受け付けていません。