ネットバンクは預けても借りても金利がお得

2000年に日本初のネットバンクが設立されてから、銀行の数も利用者数もどんどんと増えてきました。
それはひとえに利便性とお得感にあります。
ネットバンクは従来型の銀行とは違い、パソコンやスマートフォンから24時間365日いつでも利用できます。
そして、入出金も銀行のATMのみならず、コンビニでも利用できるので、いつでも利用することができます。
現代のライフスタイルに合致しているといえます。

次に何よりも大きいのは金利が非常にお得であるという点です。
定期預金の金利は、大手都市銀行の10倍以上、そして、住宅ローンは大手都市銀行の半分程度となっています。
ネットバンクがこのような商品を提供できるのは、第一に店舗を持たないという点にあります。
店舗の維持費や人件費が削減できるのが大きな利点になっています。
大手都市銀行と比較するとネットバンクは店舗数も従業員数も100分の1程度になっています。

次に、店舗がない分ATMは持っていません。
しかし、その分、他の銀行と提携したり、コンビニを利用することにより、ATMの設置費用や24時間稼動するための電気代なども大きく削減することができます。
提携するだけなので、新規に設置したりする費用も必要ありません。

さらに、ネットでの振り込み手数料も一定回数まで月々無料というところもあります。
このようにネットバンクは低コストを実現できるので利用者数も増え、削減できたコストを顧客に還元できているのです。